エルチーバイ・ジュヌソッフ

エルチーバイ・ジュヌソッフ

クリニックの最高医療責任者、精神科医

12歳の時、彼はすでに注射することを知っていました。動物に予防接種をすることで獣医の父に手伝いました。彼は子供の頃から医者が人々を助けることは良いと思いました。大学に入る時、疑いなく医学アカデミに入学しました。医学の分野で19年以上の経験があり、その14年間はナザラリエフ・メディカル・センターで勤めています。

ある日、「ブロッケード」プロシージャの後で薬物中毒の25年のベテランの元看守、患者が彼を同房者と間違って、受刑者からお金を取ると明確な指示しました。医者は彼が言ったことしました。次の日はこの事について笑っていました。ある日、「ブロッケード」プロシージャの後で患者、薬物中毒の25年のベテランの元看守、患者が彼の同房者のために彼を取って、受刑者からお金を取ると明確な指示しました。医者は彼が一緒に演奏しなければならなかった。次の日はこの事について笑っていました。

彼は医者にならなかった場合は、外交官になるかもしれない。競合を平滑化され妥協を見いだす能力を持っているのですから。人生のモットーは「心を失ってはいけないで、常に楽観的に生きる!」

  • フェイスブックに投稿する
  • ツイッターに投稿する
  • LiveInternetに投稿する
  •  LiveJournalに投稿する