アザマット・ウスポッフ

アザマット・ウスポッフ

トランスパーソナル心理学者、 精神科医

 

彼は、よくボルテールを引用する。「仕事は我々を三大悪、つまり、退屈、放蕩、困窮から解放してくれる。」など。そして仕事は自分にとって習慣なのだと言う。ナザラリエフのメディカルセンターで働いて12年、この4年はマインド・クラフティングというユニークな心身を健全にするための施術に従事しています。

仕事上、特に決まった規則というものはない。当たり前だけに大事なのは、「いじわるや嫌がらせはやるな」です。醒めた現実主義者だが、自分の患者たちに性格上のいろいろな長所を見出そうとしている。うまくいかないときはがっかりしてしまう。

暇なときはサッカーをしたりスキーをしたり。

  • フェイスブックに投稿する
  • ツイッターに投稿する
  • LiveInternetに投稿する
  •  LiveJournalに投稿する